フェアウェイゴルフUSA通販【ネットからのご注文】

スイングチェックは重めのクラブで

スイングチェックは重めのクラブで

第1ショットを打つ時によく素振りをすると思いますが、素振りの方法を変えるだけでも、ショットの調整がうまくいくことがあります。

 

うちっぱなしで一人で練習していても、よくないショットが出たときに何を修正すればいいのかがわからないので、やみくもに打ち続けることが多いですが、コースに出るとそうはいきません。

 

素振りの時にはうまくいっていたスイングもボールを目の前にすると、微妙に狂ってくるものです。それは、力が入りすぎていることが原因であることが多いです。

 

そのためには、素振りの際に何本もゴルフクラブをもって素振りすることで、本番の際の力の入りすぎをセーブすることができることがあります。

 

もちろん、誰にでも効果があるわけではありませんが、私の場合はこの方法で素振りすることで、力みがないスイングができています。

 

まずは、小さなふり幅からスイングして、徐々にふり幅を大きくしていくことにより、大きなずれ無くすぶりをすることができるようになるでしょう。

 

ゴルフクラブは基本的に軽いので、無理な形のスイングをしても触れてしまいますが、ゴルフクラブを重くすることにより、自然な形でしかスイングできなくなってしまいます。この思いクラブを振りやすいスイングを心がけることで、本番でもナイスショットを生み出すことができるようになるでしょう。