フェアウェイゴルフUSA通販【ネットからのご注文】

フェアウェイゴルフ 関税

フェアウェイゴルフ関税

ゴルフクラブを海外から取り寄せることができるフェアウェイゴルフでは、多くの日本人ゴルファーの方が買い物を楽しんでいます。しかし、海外からの買い物となると関税がかかることがほとんどです。ここではフェアウェイゴルフの関税について紹介したいと思います。

 

まず関税とは、海外からの商品に対してかかる税金のものです。商品によっては、税率が高かったり、低かったりします。フェアウェイゴルフで取り扱っている商品の税率は、ゴルフクラブとゴルフボールに関しては、関税がかかることはありません。

 

ただしゴルフバックには商品代金の4.8%、ゴルフウェアには6%、革製のグローブには7.2%、革製のゴルフシューズには16.2%、革製のゴルフヘッドカバーには6%の税率がかかります。

 

関税はフェアウェイゴルフに支払うのではなく、配達員さんに支払うことになります。そのため関税が刈る商品をクレジットカード決算しても、玄関口で関税と代引き手数料を支払う必要があるのです。

 

また、配達員さんの説明で、関税のことを送料ということがあるようです。そのあたりは注文者さんが「ああ、関税のことなんだな」と組んであげてください。配達員さんもプロですが、関税についてはあまり知らない人もいるでしょから。

 

フェアウェイゴルフでゴルフクラブを購入した時には、私の場合は関税はかかることがありませんでした。