フェアウェイゴルフUSA通販【ネットからのご注文】

打つときにボールを見過ぎない

打つときにボールを見過ぎない

ショットの基本はボールから目を話さないことだといわれていますが、そればかりに集中してしまうとかえってうまくいかないことがあり、ひどいときにはスランプに陥ってしまうこともあります。

 

そんな時には焦っても中々フォームが良くなることはありません。まずはリラックスしてボール全体を見ることを考えてみてください。

 

ゴルフを続けていると多くの壁にぶち当たることがあります。スイングが納得できなくなることは、ほとんどの方が経験していることでしょう。

 

ボールを打つときにはボールをよく見ていないといけない、打つときにはボールだけを目続ける、スイングの後も頭を残すということを念頭にスイングされていることだと思います。

 

この時にボール一個に集中するのではなく、ボールの周辺を意識してみることで、少し変わってきます。まずは肩の力がとても簡単に抜くことができます。

 

また、スイング後は体の中心・おへそを目的方向に向ける、そうすることで腰の回転が綺麗になります。なかなか難しいのですが、ボールだけを見続けていると、腰の回転がおろそかになっていることがあります。

 

フェアウエイど真ん中を目標としているのですが、なかなかうまくいってくれないと嘆いている方は、一度この方法を試してみてはいかがでしょうか?